湖東「観音正寺」 2

11月24日(火)       曇り一時小雨

西国第三十二番札所・繖山「観音正寺」は標高433mの繖山山中建つ近江随一の寺院で、1400年前聖徳太子によって開創されました。
その後鎌倉。室町時代には近江国守護職佐々木六角氏らの庇護を受けて隆盛しましたが、六角氏が滅ぼされとともに荒廃しました。
(1606)教林坊の僧によって復興されましたが平成5年本堂を焼失、平成16年新しい本堂が落成し、万事吉祥の縁結びの祈祷道場として現在に至ります。

CIMG3425_20151127060035971.jpg

CIMG3434_20151127060037c56.jpg

CIMG3445_20151127060038db0.jpg

CIMG3442_20151127060039e64.jpg

CIMG3444_201511270601378fa.jpg

CIMG3447.jpg

ここからは近江平野?の眺めがいいです、新幹線の列車もジオラマの世界です。
少々小寒くなってきましたのでそろそろ車に戻ります。

CIMG3450_20151127060140f02.jpg

暖かいラーメンを食べて帰路につきます。

0 Comments

Leave a comment