「淡路・鳴門観光ドライブ」 4

1月28日 晴れ

「うずしおクルーズ」の乗船料金2000円
鳴門市孫崎と淡路島との間の鳴門海峡には、大小無数の渦が巻きます。
潮の干満によって生ずるこの渦は春と秋の大潮時に最大になり、潮流時速20km、最大直径20mにも及ぶものがあります。百雷のごとくすさまじい轟音を立てて渦潮が交錯しながら流れていくさまは壮観です。一般的に、満潮と干潮は1日2回ずつあります。鳴門海峡では、この満潮時と干潮時に渦潮が発生します。また、満潮時と干潮時の前後1時間半が見ごろといわれています。

大潮の日といい時間を選んでやってきましたが、今日は少々風が強いので、うずしおが出来にくいと言われましたが・・・・
CIMG0141_20130202085639.jpg

CIMG0151_20130202085639.jpg

CIMG0156_20130202085638.jpg

CIMG0159_20130202085637.jpg
まずまずと言ったところでしょうか・・・

港に帰ってまだ時間がありますので、道の駅「うずしお」に行ってみました。
CIMG0165_20130202085637.jpg

CIMG0176_20130202085741.jpg

CIMG0174_20130202085741.jpg
大鳴門橋の車道の下に展望台がありますが、飛ばされそうな強風です。

大鳴門橋を渡って対岸の鳴門の今日の宿に向います。
CIMG0179_20130202085741.jpg

CIMG0196_20130202085738.jpg

CIMG0212_20130202085802.jpg
宿の夕食はこのほかに4品ぼど付き、このところお腹の調子が悪くて・・・また食べ過ぎそうで心配です。

0 Comments

Leave a comment