「春の妖精・節分草」

3月6日(水)  晴れ

白鳥町に戻ってきました。
冬の阿弥陀が滝に行ったことがないので、折角ここまで来ているので行ってみる事にしました。
R156からR314に入ってやがて阿弥陀が滝の分岐まで来ましたが、20mほど除雪してあるのみです、ここから雪の中を歩く自信は無し、諦めて今日の目的、節分草を見に行くことにしました。
CIMG0033_20130307031646.jpg
気温がぐんぐん上がってきました、周囲にまだまだ雪が多いのですが、日差しだけは春を感じます。
郡上市まで戻って、節分草の咲いている場所を探します。
CIMG0036_20130307031646.jpg
節分草は奥三河の石雲寺に数回見に出かけましたが、ここ郡上市には初めて来ました。
ここは古今伝承の里、このあたりもまだまだ日陰には多くの雪があります。
CIMG0038_20130307031645.jpg
咲いている場所が見つからず、係の人に訪ねてやっと出会うことが出来ました。
CIMG0049_20130307031645.jpg

CIMG0051_20130307031644.jpg

CIMG0053_20130307031725.jpg

CIMG0066_20130307031724.jpg

CIMG0072_20130307031723.jpg

CIMG0073_20130307031723.jpg

CIMG0071_20130307031724.jpg
係の人が言っていた、春の妖精と言う言葉がぴったりの可憐な花です。
私の知っている、奥三河の節分草の半分くらいの大きさです。
日当たりのいい畳3枚ほどの所にひっそりと咲いていました。

2 Comments

-  

おはようございます。

まだまだ花の少ないこの時期に咲く貴重な花です。

2013/03/09 (Sat) 08:44 | EDIT | REPLY |   

shuttle  

節分草

風、keiさん

郡上市の「節分草」、確かに「春の妖精」という感じです。群生しているようですね。
白い小さな花ですが、可憐です。蕊の辺りは、綺麗な色合いです。

2013/03/07 (Thu) 18:03 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment