天下の珍祭 「田縣神社の豊年まつり」 1

3月15日  晴れ


 「野も山も みなほほえむや 田縣祭」
  例大祭は国の内外で有名な豊年祭として毎年三月十五日に執り行われます。
  この祭は直径六〇センチ、長さ二メートル余りの大男茎形(男性の性器)を毎年新しく檜で作成し、
  それを厄男達が御輿に担ぎ、御旅所から行列をなして当社に奉納し、五穀豊穣、万物育成、
  子孫繁栄を祈願する祭です。
  当日は世界各国からの参拝者で境内は埋まり、「見くらべて 笑えこの梅 あのさくら」の
  詩歌の如国境を越えてみな微笑む祭で、まさに「天下の珍祭」であります。

CIMG0071_20130315155821.jpg

CIMG0004_20130315155820.jpg

CIMG0003_20130315155820.jpg

CIMG0007_20130315155819.jpg

CIMG0008_20130315155819.jpg

CIMG0011_20130315155909.jpg


CIMG0010_20130315155909.jpg

CIMG0016_20130315155908.jpg

CIMG0055_20130315155908.jpg

CIMG0057_20130315155907.jpg
つづく・・・

2 Comments

風 kei  

このまつりは外人さんにも人気ようで多く見かけました。

2013/03/17 (Sun) 21:22 | EDIT | REPLY |   

shuttle  

性器崇拝

風keiさん

「田縣神社の豊年まつり」に登場する「男根」。素晴らしいですね。お神輿のように担いで、街中を練り歩くのですか。担いでいる若い女性たちの笑顔が良いです。古来「性器崇拝」は、世界中、何処ででもありました。女性器のお神輿もすぐ近くの神社であります。ともに愛知県、というのが嬉しいですね。

2013/03/17 (Sun) 20:00 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment